炊き立てホカホカのご飯マジうめえwwww

22 番組の途中ですが名無しです 2005/10/19(水) 09:50:27 ID:NeLxQjnC0
サンマの塩焼きジュウジュウ 大根おろしショリショリッ
炊き立てご飯パカッフワッ ポン酢トットットッ…

ハムッ ハフハフ、ハフッ!!

28 番組の途中ですが名無しです 2005/10/19(水) 09:55:23 ID:OFGC6WZO0
>>22
きめぇよ 死ね

29 番組の途中ですが名無しです 2005/10/19(水) 09:58:00 ID:lOlE2ekmO
>>22
うわ キモ

「炊き立てホカホカのご飯マジうめえwwww」への7件の返信

  1.                。    _|\ _
                。 O   / 。  u `ー、___
              ゚  。 \ヽ / u ⌒’ヽ゛  u /  
              -  ・。 / ; ゚(●)  u⌒ヽ i  
            ,  ゚ 0 ─ { U u r-(、_, )(●) .| / 。
             ゚ ,,、,r-‘⌒l u //トェェェ、 ) 。゚ / o   
          。 ゚ r-‘⌒`ー-‘´ヾ,. ir- r 、//u / 
            ヾヽ、_,,,、-、/ミ,ヽヽ/ ノ_, -イ-、\   ∠
              ー = ^~、 ̄r’´ ̄`”jヽ、

  2. こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
    それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

    父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
    子   「お父さんには魔王が見えないの。七輪を使って、魚を焼いてる…」
    父   「あれはたなびく霧だ…」
    魔王 「サンマの塩焼きジュウジュウ 大根おろしショリショリッ」
    子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
    父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
    魔王 「炊き立てご飯パカッフワッ ポン酢トットットッ…」
    子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の炊飯器が!」
    父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
    魔王「ハムッ ハフハフ、ハフッ!!」
    子 「おとうさん、おとうさん!うわ キモ!魔王きめぇよ 死ね!」

    父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた…
    腕に抱えられた子はすでにご飯を炊いていた。

コメントを残す